台湾に行きたいワン!

2016年9月6日から2018年9月までの、台南生活忘却防止用記録。

害怕 / 怕 / 可怕 / 恐怖 / 恐怕 の違い

 害怕 / 怕 / 可怕 / 恐怖 / 恐怕って全部一緒に見えるんですが、少しずつ意味や品詞が違うので整理してみました。

 

品詞と意味

(1) hai4pa4 害怕 V (困難or危険な場面に対して)
怖がる,恐れる
(2) pa4 V ❶怖がる,恐れる
❷(恐怖心がなく)単に心配する,気にかかる
(3) ke3pa4 可怕 SV 恐ろしい,怖い
(4) kong3bu4 恐怖 SV
N
SV:恐ろしい,残忍な
N :恐怖,テロ
(5) kong3pa4 恐怕 A
V
A:❶(良くない結果を予想して)おそらく
A:❷(およその予測で)たぶん,おそらく
V:心配する

※恐怕のA(副詞)の意味がクセモノ!

 

使い方

(1) ・害怕老鼠
・不要害怕
・她出門前害怕下雨,把晾的衣服都受了進來.
ねずみを怖がる
怖がることはない
彼女は留守中に雨が降るのを心配して、干してある服を全部取り込んだ。
(2) ・買書他從來不怕(✖害怕)花錢.
・怕(✖害怕)趕不上火車.
本を買うのに彼は昔からお金を気にしない。
汽車に乗り遅れないかと心配する。
(3) ・可怕的事情終於發生了.
・感到非常可怕.
・他發怒的樣子非常可怕.
恐ろしいことがついに起きた。
非常に恐ろしいと感じる。
彼の怒ったところはほんとうに怖い。
(4) ・採取恐怖手段
・恐怖組織
・恐怖電影
残忍な手段をとる
テロ組織
ホラー映画
(5) ・事情恐怕沒那麼簡單吧.
・咱們恐怕有二十年沒見了吧.
・老張恐怕小李忘記,又提醒了他一次.
事はおそらくそう簡単ではないだろう
我々が顔を合わせるのはおそらく20年ぶりになるんじゃないか
張さんは李君が忘れるといけないと思い、もう一度彼に注意した。

 

参考は講談社の中日辞典です。