台湾に行きたいワン!(白目)

2016年9月6日から2018年8月まで(予定)の、台南での生活忘却防止用記録。

「持ち帰っても良いですか」は何と言う?

 

台湾に到着して2日目の夜。台湾人の友達と一緒にご飯に出かけました。

場所は東安路という、成功大學から約1キロほどのところです。※No. 156, Dong'an Rd, East District

 

実は到着した時からずーーーっと嵐のような雨に見舞われてまして。主にパンとバナナ、ヨーグルトで生活、、それを可哀想に思った友達が、バイクに乗っけて連れて行ってくれることに!神( ;  ; )!

 

 

f:id:SAKASAKA:20160908085800j:image

 

こちらのレストランではメジャーな方法ですが、テーブルに置いてあるメニュー表に書き込んで注文します。書き込むと言っても、テーブル番号と、食べたい料理の横の□に横棒を入れるだけ。

 

 

 

注文したのはこれ!

f:id:SAKASAKA:20160908090114j:image

左から「炒青菜」と「沙茶肉絲炒飯」。

簡単に言うと、野菜炒めとチャーハンです。

2つで?85(=276円)。

※2016年9月7日現在

 

うーん、野菜炒めと言うよりは、キャベツ炒め?どっちも油が多めです…

 

 

そして、多い!!!!!

 

 

半分くらい余ってしまいました。

そこで、お持ち帰り作戦です\(^o^)/

 

 

 

 

可以幫我外帶嗎?

kě yǐ bāng wǒ wài dài ma

持ち帰ってもいいですか?

 

 

「可以」は可能かどうか聞くときに使う言葉。

「幫(帮)」は手助けする。

「外帶」は持ち帰り。テイクアウト。

 

 

もしくは、「外帶」だけでも通じるみたいです。

 

 

 

 

 

なにはともあれ、パンバナナヨーグルトから脱出。。日本でもそうですが、持つべきものは優しい友人です〜。